土日診療行っております。

初診の方へ

道案内

〒220-0073 神奈川県横浜市西区岡野1丁目14-1
横浜メディカルセンタービル3F

電話番号045-314-2311

横浜市西区の内科 横浜岡野町クリニック

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)


求人情報
MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)について

肛門から内視鏡を挿入し大腸内を直接観察する検査です。
大腸カメラの主な目的は大腸がんを見つけること。特に早期の大腸がんを見つけることです。

大腸がんの自覚症状は出血、便が細い、下痢・便秘の繰り返し、便の残る感じ、お腹が張る、腹痛などですが、これらは大腸がんがかなり進行してから現れる症状です。早期のがんでは症状のない方が多くいます。健康診断で異常を指摘されたら早めにご相談ください。(大腸がん健診の2次検査(便潜血陽性の精査))

精度の高い内視鏡検査を行うためには大腸の中をきれいにしておく必要があります。1~2リットルの専用の水薬を検査数時間前から服用し腸内をきれいに洗います。大腸内がきれいになっていないと内視鏡検査に時間がかかったり、病気を見つけることができなかったりします。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)で分かる病気には以下のようなものがあります。
大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室、大腸炎(感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病など)など

大腸ポリープ切除について

当院では下部消化管内視鏡検査の際にポリープを見つけた場合、患者様の同意があれば可能なものはその場で切除しています。ポリープの数が多い、切除に時間がかかる場所や形の場合は、後日改めてポリープ切除の予定をたてます。
ポリープ切除に際し入院が必要な場合、切除した場合の出血や穿孔(庁の壁に穴が開くこと)などのリスクが高い場合、入院治療対応が可能な病院へ紹介いたします。

当院では苦痛を軽減するため鎮静下(麻酔下)で行う内視鏡を行っています。

ページの先頭へ戻る