横浜市西区岡野の内科、外科、消化器内科、内視鏡検査 横浜岡野町クリニック

横浜岡野町クリニック

〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野1丁目14-1
横浜メディカルセンタービル3F

045-314-2311

メインメニューを開く
診療案内

診療時間

   
診察 9:00~12:30
15:30~18:30
検査 内視鏡 ×
CT ×

■・・・午前のみ
▲・・・土日午後は14:30~17:30です。
休診日:祝祭日 夏季および年末年始休暇

*当院は16歳以上が診療対象です

 

外来担当表

 
9:00~12:30 院長 院長 院長 佐々木

遊佐

院長

第1 高橋(由)
第2、3 金子
第4 冨樫

第5 高橋(考)
15:30~18:30

14:30~17:30(土日)

院長 院長 院長 佐々木 遊佐

第2、4
目瀬
院長

第1 高橋(由)
第2、3 金子
第4 冨樫
第5 高橋(考)

*外科診療日は木曜日の佐々木医師、第1、4日曜日の高橋(由)医師、冨樫医師となります。

*外科診療日は木曜日の佐々木医師、第1、4日曜日の高橋(由)医師、冨樫医師となります。

表をタップすると表のみ開きます。

健康診断、
予防接種など

健康診断

法定検診(雇い入れ検診、定期検診)、その他健康診断
入学願書・就職に必要な健康診断、保険加入前検診など
診断書作成など(麻薬診断書は対応しておりません)

>詳しくはこちら<

下記予防接種に対応いたします。
準備が必要なものがあります。事前に電話でご相談ください。
インフルエンザ、肺炎球菌、A型肝炎、B型肝炎、
麻疹、風疹、水痘(帯状疱疹)、ムンプス、MRワクチン

>詳しくはこちら<

診療科目(保険診療)

一般内科

体調不良などの一般内科診療に加え、健康相談をしております。
健康診断、人間ドックでの2次検査、再検査も行っています。

症状:
体調不良、だるさ、発熱、頭痛、めまい、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの違和感、咳、痰、胸痛など
対象疾患:
生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症)、高尿酸血症(痛風)、貧血、尿管結石、片頭痛
アレルギー(花粉症・気管支喘息)
感冒、感染症(扁桃炎・気管支炎・肺炎・膀胱炎・胃腸炎・インフルエンザ)など

消化器内科・外科

消化器内科では腹痛、お腹の不調、嘔気、嘔吐、下痢、便秘、血便などの診断・治療を行います。
消化器がん検診(胃部レントゲン、ABC検査、便潜血検査、腫瘍マーカーなど)の2次検査。
ヘリコバクター・ピロリの除菌。
消化器がんの検診(胃がん検診、大腸がん検診)
消化器がんの術後(胃がん、大腸がんなど)で治療した病院での経過観察機関が終了した後の検査なども相談いたします。

対象疾患:
逆流性食道炎、胃炎、十二指腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、機能性ディスペプシア、ヘリコバクター、
ピロリ感染症、胃アニサキス症
大腸ポリープ、大腸炎(感染性腸炎、過敏性腸炎、憩室炎、潰瘍性大腸炎など)
肝機能障害(脂肪肝、ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など)
胆石、胆のうポリープ、胆嚢炎、胆管炎、急性膵炎、慢性膵炎
消化器がん術後のフォロー、痔核など

内視鏡検査、治療

目的:
胸やけ、腹痛、もたれ感、不快感、貧血、黒色便などの精査
食道がん、胃がんになっていないかの精査、胃がん検診
バリウム検査(消化管造影検査)、ABC検査などの検診で異常を指摘されたとき
ヘリコバクター・ピロリ感染症の診断、除菌前の内視鏡診断
食道がん、胃がん治療後の定期検査など
  • *検査に空きがあれば受診当日の検査も可能ですので、ご相談ください。
  • *また、当院では苦痛を軽減するための鎮静剤を使用できます。
>詳しくはこちら<
目的:
腹痛、下痢、便秘、痔核、血便、貧血などの精査
大腸がんや大腸ポリープがないかの精査
健康診断(便潜血陽性)の精査
大腸ポリープ、大腸がんの治療後の定期検査
潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の定期検査
  • *当院では苦痛を軽減するための鎮静剤を使用できます。

当院では同意書にポリープ切除の希望を記入する項目を設けております。
検査の際に同意があれば、その場で切除可能と判断した場合は切除しております。日帰りの治療になります。
治療後約1週間は出血や穿孔のリスクがあるため飲酒や激しい運動、遠出は控えて下さい。

>詳しくはこちら<

禁煙外来

(1)ニコチン依存症の判定テストが5点以上
(2)35歳以上の方については、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数(ブリンクマン指数)が200以上である事
(3)ただちに禁煙を始めたいと思っている
(4)禁煙治療を受けることを文章で同意している
以上を満たす者は健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

12週間の内服加療でその間に5回外来受診していただきます。
診察)

5回の外来受診が必要です5回の外来受診が必要です

初回

  • カウンセリング現状の確認と検査日の予約
    食事の指導など
    治療法についての説明をします。
  • 測定唾液採取
    検査所に移動して
    唾液成分を測定、分析します。
  • 禁煙宣言禁煙を誓って誓約書に
    サインをしていただきます。

2〜5回目

  • 測定一酸化炭素濃度の測定をします。
  • 問診・カウンセリング禁煙状況の確認と
    カウンセリングを行います。
  • 治療飲み薬を追加処方しますので
    これらを5回にわたって繰り返します。

※過去に健康保険等で禁煙外来を受けたことがある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。

>詳しくはこちら<

診療科目
(保険外診療)

唾液がん検査

少量の唾液採取で、各種がんのリスクがわかります。
さまざまな「がん」の「早期発見、早期治療」に繋がる検査になります。
「肺がん」、「膵がん」、「大腸がん」、「乳がん」、「口腔がん」が対象となります。

〜チェックリスト〜





1つでも当てはまる人は現在「がんの疑い」があるかどうか調べましょう。
*保険外診療です。遺伝子検査ではありません。結果が出るまでに約3週間かかります。

>詳しくはこちら<

PDFをダウンロードする際には、Acrobat Reader(無料)が必要です。
お持ちでない場合はこちらよりダウンロードしてください。